PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高齢犬の避妊手術・その1

120209_19.jpg

わんちゃんを長年飼っていながら

こんなことを書くとひかれるかもしれませんが

我が家の花ちゃん(11歳)音ちゃん(10歳)

避妊手術を受けていませんでした


昨年、亡くなったオスのゆうちゃんは生後7ヶ月の時に去勢しました。

もともとビビリ犬だった「ゆうちゃん」は病院が凄く怖かったらしく

術後、迎えに行った時には終始よだれダラダラ状態。
(わんちゃんは極度に緊張、ストレスを感じるとヨダレが常に出続ける事があるらしい・・・)

家に帰ってきてもボーーと一点を見つめたまま

なんか可哀そうな事をしちゃったなーーと思い

女の子達は「今後、手術が必要になった時に・・・

しかるべき時が来た時、避妊手術をすればいいかな・・・」

と思っているうちに現在に至る。


そんな、こんなで彼女達も高齢犬

これ以上を年齢を重ねれば、当然、体力も無くなるだろうし

手術も出来なくなるかもしれない。


昨年のゆうちゃんの死をきっかけに、彼女たちの健康の事を

今まで以上に考える様になりました。

体調が悪くなると

もしや?避妊していないわんちゃんがかかる事のある

子宮蓄膿症???

なんて疑ったり・・・。


高齢犬で特に今、大きな病気にかかって無くても

麻酔をかけられるうちに避妊手術をした方がいいのではないか・・と

ひしひしと思いはじめ・・・


音ちゃんにいたっては心臓に雑音があるし

薬ものませているので心配なのですが、まだ手術が出来る段階だとの

獣医さんの判断もありますし、

今ならまだ間に合う。


お腹開かなくてもいいものなら、手術なんて受けさせたくありませんが

出産を経験した事のない高齢犬のわんちゃんの子宮蓄膿症の

発症率66%・・・

なんて記事をネットで読んでしまい、益々怖くなり

それで

やっぱり避妊手術を受けさせることにしました。

120209_21.jpg

本当はもっと早い時期に避妊手術すべきだったのですが

そんな事はとうの昔に知ってたはずなのですが

お腹開いて入院させて・・・って

どうしても飼主的に”決断”が出来なかった。

ダメ飼主ですね

つづく・・・


今年もブログランキングにも参加させていただいてます!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへにほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

| うちのわんこ | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inus.blog4.fc2.com/tb.php/1901-4b5f6876

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT