PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わんこの歯髄治療について

110517_19.jpg
犬の歯髄治療についての記録です。
注)文章長いです。


5月に花ちゃんの全身麻酔による歯石取りを病院でお願いしたのですが
その時に右上の歯が割れてて「歯髄」がみえてることが判明。

今、通っている先生は「少し様子をみさせてほしい」と言っていたのですが

歯髄(神経)が見えている歯をそのまま放置していると健康に支障を
きたすこともある・・・

と・・・ネット検索で知り

どんどん どんどん 不安はつのる一方。

一度、歯の治療を積極的に行っている病院へ連れて行った方が
いいのではないかと思い、
花ちゃんが仔犬の頃に通っていた大阪の動物病院の先生が
歯の治療に力を入れているので、10年ぶりぐらいに
相談をさせてもらいに行ってきました。



110506_11.jpg
治療方法としては3つ

1、歯髄を抜いて(抜髄という)根管を拡大・形成する処置。
(大阪の先生はこの治療が出来る獣医さんです)
高齢犬に麻酔をかけるリスクはあるけど、この治療は効果的。

2.抜歯
抜歯をしてしまうのも、ひとつの方法だけど
どちらにせよ麻酔をかけることになり、抜歯した後の歯茎が
綺麗にふさがるまでの治療が必要となる。

3.抗生物質を毎日飲ませることで炎症を遅らせる
ただし、この治療は若いワンコには向かない。
高齢犬の場合はこの治療法もある。

歯髄がみえてから炎症するまで、だいたい4年といわれているそう。
花の場合は今年で11歳、4年後に炎症が起こったと過程してその時は15歳

その時に花ちゃんがどうなっているか正直わからない。
元気かもしれないし
もう、いないかもしれないし
ゆうちゃんみたいに突然いなくなってしまうかもしれないし・・・
予測できないから何とも言われないけど、

高齢犬に麻酔をけけるというリスクからは間逃れる。
ただし、お薬は必ず毎日飲ませなくては意味がない治療。
だからとして炎症しない訳でもない・・・。


110506_12.jpg
先生の診てきたわんちゃんの中で高齢犬で歯髄が見えてたコが
飼主さんの希望で全身麻酔をさけるため抗生物質治療することで
炎症を遅らせ、最終的に炎症も起こさず、
そのまま人生をまっとうしたコがいたそうなので
その経験談を話してくれました。

先生は最終的にどうするか決めるのは飼主さんなので
お家の方と良く、相談して決めた方がいいですよ・・・と言ってました。
もし手術となったら、またその時に色々と検査もします・・・と。

ちなみに、この時の触診検査で花ちゃん 心臓に雑音があることが判明 (´;д;`)
いずれ、心臓のお薬を飲ませることになりそうです。


歯の治療については迷ってます。

私は手術してもいいかも・・・と思ってるのですが
旦那さんは もう老犬なんだからわざわざ全身麻酔しなくても・・・といいます。
抗生物質飲ませたら、他の病気からも体を守れるかもしれいよ・・・勘やけど!


だって・・・
勘か・・・


我が家の花ちゃん、ゆうちゃん、音ちゃん、今まで健康で
病気知らずで過ごしてきましたが、10歳を過ぎ、
老犬の域に突入してからいろいろと健康面で
不安なことが増えてきました。

悩みがいっぱい・・。


ブログランキングにも参加させていただいてます!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへにほんブログ村 犬ブログ チワワへ

| うちのわんこ | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

あぁ・・・。 全く人事とは思えない気持ちになります。

例えば 我が家だったら どんな判断をするだろう・・って、考えてみました。 
手術の成果は効果的だとは絶対だと考えますが、年齢を考えたら、
思いっきりの決断に時間が掛かりそうです。
仔犬の頃の 去勢手術の麻酔の様子の表情を見ていますので、
そういう事もあり、ほとんどが安全ではありますが、その時の想いを未だに忘れられません・・。

毎日飲む薬とは、どのような形状のものなのでしょうか。
日課になる花ちゃんにとって、ストレスとなるものなのでしょうかね・・。
不味いとか、苦手だとしたら、唯一のご飯の楽しみも 少し可哀想に思います・。
ですが、花ちゃんに、お薬の負担がそうなければ、我が家に置き換えて考えてみれば、
お薬処方に頼る気がします。

花ちゃんの、心臓の雑音も心配です。
何にも、参考にもならず すみません!!
ですが、一番納得される治療法で、花ちゃんが いつまでも
元気でいれますように☆ 
めぐさん、また 教えて下さい!!

| mee | 2011/06/08 22:24 | URL | ≫ EDIT

meeさんへ

わんこも若い時には心配しなくてもいいような事が
年齢を重ねる度に増えてきて・・・。
麻酔の件もそのひとつです・・・i-181

老犬になると麻酔のリスクは高まる一方らしく
その上、心臓に雑音があるとなると・・・。
手術するにしても考え深いものがあって
なかなか踏み切れずにいます。。

お薬治療の場合、お薬は恐らく「粉末」のものに
なると思います。
今も歯の治療後で飲ませているお薬が
あるのですが、たぶんそれと同じもの。

毎日飲ませていますが
実のところ花ちゃんは苦手のようですi-229

治療法については旦那さんと色々話してるんですが
まだ結論に至ってません。。。
悩ましいです。
もう一度、先生に納得のいくまで
相談してみるかもしれません~~

| めぐ→meeさんへ | 2011/06/09 18:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inus.blog4.fc2.com/tb.php/1673-321edf7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT